現代の工業発展に欠かせない!レーザ変位センサのプチ知識やメリットなどを紹介!

このサイトでは、レーザ変位センサのプチ知識やメリットなどを初心者にもわかりやすく紹介しています。
最近では様々な場面で話題に上ることも多いのですが、その基本的な機能や動作の効果などを知っている人は決して多くはありません。
このサイトでは、これらの内容を具体例を交えながら詳しく紹介しているのがポイントです。
さらに導入事例にはどのようなものがあるかといった内容や、使用することで検出できる具体的な項目を掲げてその効果をわかりやすいものとしているのも特徴です。

現代の工業発展に欠かせない!レーザ変位センサのプチ知識やメリットなどを紹介!

変位センサは様々な物質の変化を詳細に検知することができるものであり、現代の工業発展に大きく寄与するものとなっているのが特徴です。
現代の工業製品の多くは非常に小さく繊細な加工を必要とするものが増えており、これを人間の目だけで判断する事は非常に難しくなっています。
一見異常がないように見えても、様々な製品の品質に影響を及ぼすような変化が生じていると言うケースは多く、通常の検査等では発見できずに実際に使用され始めてから大きな問題を生み出すと言うことも少なくありません。
変位センサはこのような状態を未然に防ぐために、非常に重要なものとなっています。

レーザ変位センサとは対象物を非接触の形で多角的に調査できる優れものです!

土地の測量から、金属なのど密度を測定するには今ではレーザーを駆使して計算を実施します。
われわれの身近なところでは外壁の劣化具合を調べるのにも活用をされており、日進月歩で性能は各段に高まりを見せるようになりました。
ここでは2010年以降に採用をされている変位センサの概要を簡単に見ていくことにします。
以前は可視光線と呼ばれるアルファ波を用いたものでしたが、この場合は被写界深度が非常に浅いので表面の密度しか知ることができませんでした。
その点変位センサの場合は非接触による測量を実現させており、深海度を深めてみることが可能です。
多角的な調査が必要な土地や外壁に採用をされる傾向で、X線と比べると非常に安全性を保てるのも魅力となっています。
変位センサは1か所ではなく、必ず3点以上のポイントで非接触媒体を用いないといけません。
マーカー先に取り付けるのが先決で、この場合は自動追尾装置を作動させて用いられます。

レーザ変位センサなら狭い隙間や斜めの場所でも使うことができ非常に利便性が高い!

物体の物理的な状態を電気信号に変える電気素子のことをセンサと言います。
物体の状況や使える原理などにより、様々なタイプのものがあります。
このようなものを利用する際には、物体のどのような状況を測るのかということやその際可能な測る環境というものをあらかじめ明らかにすることが必要です。
このようなことを行わないと、最適なセンサの選択はできません。
このような電子素子の中でも、物体の位置変換を調べる変位センサには大変多くの種類があります。
原理についても、測りたいものによる光の散乱や反射を利用するものや静電容量や渦電流の測定を行うものというように大変多岐にわたります。
このようなことから、変位センサを用いることにより様々な状況に対応した変位の計測が可能になりますので、大変利便性が高いものです。
おさえるべき条件としては、物体が絶縁体であるが導体であるかということやどの程度の大きさの範囲を計測したいかなどがあります。

レーザ変位センサには主に反射型変位センサと透過型変位センサがある

日本の工業分野では非常に緻密な測量や測定が行われます。
質量に対しても寸分の狂いもないくらいに測量し、製品を製造します。
そのことで日本製は世界に誇れるほど高性能であり高機能と言われるようにもなっているわけなのです。
もしこうした測量をおろそかにすると、不良品や欠損品を大量に生産することになります。
そうなるとリコールや会社の信頼を失墜させることになるので各企業は、測量や計測に神経をとがらせてるんです。
こうした緻密な測量などに一役買っているのは日本の高性能なレーザ変位センサです。
それにはいくつか種類があり反射型変位と透過型変位センサがあるのです。
反射型の場合は対象物の高さの測定などにも優れます。
対象物と背景が同一の識別で誤検出やエラーなどが起こりにくいです。
透過型変位センサは、対象物の透過量の影響を受けない高精度な判別を実現してくれるのです。
対象物によって変位センサを使い分けていくと良いと言えるでしょう。

レーザ変位センサの選びで大事なのはワークの形状と表面状態を見極め検出距離を把握する事

レーザ変位センサは反射型と透過型の2種類があり、これはレーザーの受光方法によって決まります。
どちらのレーザ変位センサを選ぶかは、ワークの形状や対象物までの検出距離などを考慮する必要があります。
まずはワークの形状と表面状態の見極めから始めることになるでしょう。
さらにレーザ変位センサと対象物がどれぐらい離れて設置されるのか、使用するレーザ変位センサの最適な検出距離なども考慮することが大切です。
反射型と透過型はそれぞれ検出可能な距離などが違う他、センサヘッドにも差があります。
ワークの形状と表面状態、そして距離とセンサヘッドをセットで考えてもっとも使いやすい機種を選ぶことが重要になるでしょう。
多くの機種ではセンサヘッドから発したポイントレーザー光を対象物に当て、さらに内蔵されている受光素子で反射光を受けることで位置や高さの測定を行います。
また、反射型も透過型も非接触であることには変わりはありません。

著者:古木敏朗

筆者プロフィール

熊本県熊本市生まれ。
レーザ変位センサに興味を持ったので、このサイトに情報をまとめていきます。
変位センサ